雲の安らぎ(やすらぎ)

なぜ、「雲のやすらぎ」だけが腰・肩への負担を軽減できるのか?

一般的に販売されている通常の布団と「雲のやすらぎ」との大きな違いは?と聞かれたら私は、やはり独自に耐圧拡散製法

 

 

「クロスクラウド」の有無を挙げます。

 

 

 

この製法こそが、多くの人が使っている布団との大きな違いで初めて「雲のやすらぎ」で寝た人が

 

「寝心地の良さ」を感じる理由があります。

 

 

それでは、寝返り前と寝返り後を例に挙げて、具体的のどの様な違いがカラダへの負担において

 

一般的な布団と「雲のやすらぎ」では違うのか説明していきます。

 

 

 

寝返り前と寝返り後で通常の布団と雲のやすらぎではこれだけ違う

 

 

 

寝返り前後の体への負担

 

 

上記は一般的な布団のケースですが、体を支えるいわば支柱の様なモノがないので

 

お尻が沈んでしまうので、バランスが崩れて腰に負担がきます。

 

 

これは、一般的な布団で腰を痛めてしまう典型的な例です。

 

 

これに居心地の悪さを感じた体は寝返りを打ちますが、更に首、肩、腰に力がかかる為に

 

痛める原因となるのです。

 

 

「厚いフカフカの布団で寝たのに翌朝起きたら体が痛かった」という経験はないですか?

 

つまり、敷布団はマットの様に柔らかく厚いだけでは駄目なのです。

 

 

「雲のやすらぎ」の場合は?

 

 

寝返り前後「雲のやすらぎ」

 

 

次に「雲のやすらぎ」の場合に寝返りの前後はどうなっているのか見ていきましょう

 

雲のやすらぎの場合は、一定に支柱があり体の筋肉が緊張しないような作りになっています。

 

更に、下の横の繊維は体圧の逃がす二重の構造になっている為に超時間寝ても

 

体への負担は小さいのです。

 

 

しかもこれは、寝返りをうっても変わりません。

 

 

 

 

 

整体師の方によると寝ている時に、腰を傷めない為には

 

自然な体勢で筋肉の緊張がない状態が理想の様です。

 

 

腰に負担を掛けない理想的な姿勢として、背骨はゆるいS字状のカーブを描きます。

 

 

この姿勢を寝返り前後でも保てる「雲のやすらぎ」はやはり理想的な敷布団と言えると思います。